2013年02月25日

【抗議】22日の東京都在宅就業フェア講演会における発言について

在宅就業フェア 担当者様

初めまして。諸葛と申します。
22日の東京都在宅就業フェアに参加させて頂いたのですが、株式会社かりさら代表取締役 安里様の講演会で少々気になる発言がありましたので、メールにてお伝えさせて頂きます。

「ステップアップのためには依頼の報酬がどんなに安くても引き受けろ、それが宣伝になるから。私はそうしている」という主旨の発言をされていましたが、これはダンピングの肯定ではありませんか。
そういった取引をされると(しかも、氏は何度もなさっていると発言されました)、ご自分と取引相手はおいしい思いをするかも知れませんが、同業者を圧迫することになりかねません。

よって、このようなマッチョかつ独善的な発言は、今後在宅就労を考えている立場として、また一労働者として、一消費者として、見過ごすわけには参りませんでした。

安里様におかれましては、どうか公式の場で撤回と反省をご表明願います。
また、はあとの皆様におかれましては、安里様の適切な公式コメントがなされるまで、今回のようなイベントにはお呼びにならないで頂きたく存じます。

以上が私の意見でございます。

諸葛やか(YaKa, JEGAL)

--------
2013.02.27 事務局より返信がいただけたので追記。

諸葛やか様

この度は東京都在宅就業フェアに御来場いただき、御意 見をお寄せ いただきまして、ありがとうございました。 東京都在宅就業フェア事務局です。

ミニセミナーでの株式会社かりさら安里講師の発言につ いて、 言葉が足らず誤解を与えてしまい、誠に申し訳ございま せんでした。

諸葛様の御意見をいただき、改めて講師に確認させてい ただきました。

発言の主旨としては、御自身の経験として、 仕事において、どんな仕事でもまずは受注し情報を集 め、その中で実績を積みながら仕事を判断する能力を身 につけることが大切ということで、 単価の安い仕事を実績のために積極的に引き受けること を勧める主旨ではないとのことでした。

諸葛様の御意見をお伝えし、ダンピングの肯定のような 印象を与えてしまう懸念を御説明し、 今後留意していただくということになりました。

事務局としても、在宅就業についての正しい知識と適正 な受発注の推進に向けて、 今後はそのような誤解を招かないよう、事業の適正な運 営に努めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


ラベル:労働
posted by 諸葛やか(かんぴんたん) at 11:47| テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が気に入った方は是非!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。