2012年09月23日

ヨミドクター シリーズ「精神科面接を問う」を読んで

心療内科・精神科(以下メンクリとする)通院歴も10年以上になると、それなりに色んな医師を見る機会があります。というわけで、ちょっと気になる記事をチェックしてみました。

ヨミドクター シリーズ「精神科面接を問う」
1. http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65214
2. http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65215
3. http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65216
4. http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65217
5. http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65218

続きを読む


posted by 諸葛やか(かんぴんたん) at 19:26| テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

韓国語能力評価試験KLATの性別欄は「法的個人情報を基準として申請」しないと受験できないとのこと

韓国語能力評価試験のKLAT JAPANに性別欄に不都合がある件についてメールで問い合わせてみました。

用件は以下の通り、箇条書きで伝えました。

・申込用紙と受験票に性別(Gender)欄があって困っている。受験はしたいが性別欄に記入することはできれば避けたい。
・性別欄を無記入にして申し込むことは可能かどうか。
・可能な場合、記入が任意である件を要綱に明記することを求める。
・不可能な場合、私のような「性別欄に記入したくない」タイプのトランスジェンダーはどちらに印をつければよいか。
・どちらの性別にも割り振られたくない人や、他にもどちらの性別にも割り振られたい人などが少数派ながら存在することに関して、貴協会においてもきちんと認知し、然るべき対応をとっていただきたい。
・そもそもこの性別欄というものは何に使うのか。どうしても性別欄が必要ならその理由を文書で公開して頂きたい。そうでない場合は項目の削除を求める。


これに関してKLAT JAPAN事務局の担当者から試験の認証団体である韓国本部(韓国語能力評価院)に問い合わせていただき、韓国本部からの回答(日本のKLAT JAPAN事務局の方が翻訳)が得られたので報告します。

-------------------------------------------------

・申込用紙と受験票に性別(Gender)欄があって困っている。受験はしたいが性別欄に記入することはできれば避けたい。
・性別欄を無記入にして申し込むことは可能かどうか。

【韓国語能力評価院返答】
性別未記入の場合、受験申請は不可能です。


・可能な場合、記入が任意である件を要綱に明記することを求める。

【韓国語能力評価院返答】
受験申請者の情報は、法的に登録されている正確な情報を記入し、これを拒否する場合は受験申請が出来ません。

・不可能な場合、私のような「性別欄に記入したくない」タイプのトランスジェンダーはどちらに印をつければよいか。

【韓国語能力評価院返答】
規定身分証に記載された性別情報を基準として印をして頂き、受験申請をなさって下さい。

・どちらの性別にも割り振られたくない人や、他にもどちらの性別にも割り振られたい人などが少数派ながら存在することに関して、貴協会においてもきちんと認知し、然るべき対応をとっていただきたい。

【韓国語能力評価院返答】
私共は法的個人情報を基準として申請した方に限り、申請を受け付けます。

・そもそもこの性別欄というものは何に使うのか。どうしても性別欄が必要ならその理由を文書で公開して頂きたい。そうでない場合は項目の削除を求める。

【韓国語能力評価院返答】
性別という項目は、その人の情報を提示する項目として、どの国でも法的な身分証やパスポート等に必須項目として設けられております。又、私共の試験だけでなく、他の試験の申請をされる場合にも性別項目は登録必須とされております。性別項目は重要な個人情報の1つです。私共の試験機関で性別を重要とする理由は、規定通り法的な個人情報(身分証番号、氏名、生年月日、性別、国籍等)基準で身分(本人)確認をし、試験結果である成績認証書を発行しており、受験者にはこの成績認証書を活用する為に正確な個人情報を登録して頂くようにしております。又、受験者の情報が不正確な場合、代理(替え玉)受験等不正行為に悪用される事もあるという点もある事からも、正確な情報を記載して頂いております。

性別を選択される事が難しくていらっしゃるとの事ですが、何卒ご了承を頂きまして、正確な個人情報をご記入頂き受験申請をなさいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------


KLAT JAPAN事務局の方は、こう仰っています。
1通目
"私共日本事務局は、運営のみを行なっております別団体でございますので、試験の申請につきましての権限がなく、韓国本部の見解と決定に従わなくてはならないのですが、意見をいう事は出来ます。

1人でも多くの方々が公平に試験を受ける事が出来るようにという視点に立ってきたつもりでございましたが、それが出来ていなかった事に気づき、大事な問題提起をして頂きました事を感謝致しております。"

2通目(韓国本部からの回答に添えて)
"大変に申し訳ない事に、私共日本事務局では韓国本部の方針に従って受験申請を行う道しかございません。
上記、韓国本部の回答をご参考に、受験のご検討頂ければと存じます。

お待たせを致しました上に、(やか)様の真意が伝えらませんで、本当に申し訳ございませんでした。"

-------------------------------------------------


私は現在、以下のメールを送り、返信待ちです。

-------------------------------------------------

ご回答ありがとうございます。

納得のいくご回答でなかったこと、非常に遺憾です。
また、この回答をなさった方は海外のパスポートの性別欄についてご存じないようですので申し上げますが、オーストラリアなどではパスポートの性別欄に男女どちらでもないXという項目がございます。その点に関してはどうなさるおつもりでしょうか。
また、日本国内においては(韓国も同様ですが)トランスジェンダーが公的書類の性別を変更する条件が非常に厳しく、普段身分証とは異なる性別で生活していても変更が不可能な場合が多数あります。今回のご回答はその件に関しても全くご配慮いただけない、まことに差別的なご回答であったと言わざるを得ません。

今回の件につきましては私のブログやSNSにて公開いたします(○○様のお名前は伏せさせていただきます)。

-------------------------------------------------

正直、ちょっと受験する気が削がれています。今日が申込締切なんですけどね。

KLAT JAPAN サイト http://www.klpt.jp/

=======

追記:KLAT JAPAN事務局の方からご回答頂けました。

-------------------------------------------------
KLAT JAPAN事務局○○でございます。

この度は大変に申し訳ございませんでした。

(やか)様からのお問合せ内容はそのまま韓国語に翻訳して韓国に問合せましたが、私は、日本でのKLAT試験運営を委託されている団体の代表として、韓国本部に対して性別未記入で受け付けて下さいと申し入れを致しました。

仰る通り、韓国本部からは残念な回答であったと私も思っております。

韓国からの回答の仕方をご覧頂ければ一目瞭然ですが、お知らせ頂きましたオーストラリアなどでのパスポートの性別欄につきましての情報は、韓国本部では知る由もないと存じます。日本国内も同様ですが、韓国では日本よりもその視点に立っていないと思えるからです。

このような視点に立てない、立とうともしないエリア人達に、このオーストラリアの事例を伝えて、「どうなさるおつもりか?」と聞いたところで、残念ながら返答は目に見えておりますので、回答を出した本部へは時間をかけて様々な問題提起をし続けて参りたいと存じております。

私の個人的な感覚ですが、日本も道遠いですが、韓国は更に道遠い感じが致します。
会話をしていますと、思い込みが激しい事もあり、より差別感が強いように感じられますので・・・。

だからと言って、あの国はとか、この国はと言っていますと何も進みませんので、個人的にはこれからも両国間の板ばさみとなって少しでも何かの役に立つような人間でありたいと思っております。

長文失礼致しました。

-------------------------------------------------

心強いです。私は今回の受験は諦めざるを得ないと判断しましたが、いつか受験できるようになればと思います。ご協力よろしくお願いします。
posted by 諸葛やか(かんぴんたん) at 13:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が気に入った方は是非!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。